カラーミーショップのフリープランで「特定商取引法に基づく表記」の住所・電話番号が非公開可能に

カラーミー特商法ネットショップ
Photo by freepik.com/
この記事は約6分で読めます。

GMOペパボ株式会社が運営するネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」から、2022年07月14日(木)に「特商法ページに表示する住所・電話番号の非公開設定機能」リリースのお知らせがありました。

特定商取引法に基づく表記とは

特定商取引法は、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。
具体的には、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を定めています。

消費者庁 特定商取引法ガイド

ネットショップも通信販売ですので、特商法の対象になります。

具体的に何を表記しなければならないかというと、わかりやすくざっくりとした言葉で書きますが、

  • どういう販売業者がサービスを行っているのか
  • 何かあった際の連絡先はどこなのか
  • 商品以外に送料や手数料など別途料金が発生する場合があるのか
  • 支払い方法は何があるのか、いつまでに支払うのか
  • 購入手続き後はいつまでに商品が届くのか
  • 返品する際はどうしたらいいのか

読んでいただければおわかりのように、ネット通販でお買い物をする際に購入者が知りたい情報が表記事項の主な内容です。

きちんとした言葉での説明はよむよむカラーミーで詳しく記載されておりますのでご参照ください。

特商法ページに表示する住所・電話番号の非公開設定機能

これまでは個人であってもネットショップを運営している全ての事業者が特定商取引法に基づく氏名や住所、電話番号の表示が義務付けられていました。
しかし、個人情報が悪用されるなどのトラブルから消費者庁が「個人でショップを行う人が個人情報を非公開にしてもよい」という見解を示したことで、カラーミーショップの非公開設定がリリースされたようです。

特商法ページに表示する住所・電話番号の非公開設定機能」ではショップオーナーの郵便番号・住所と電話番号の代わりに、「カラーミーショップ」の運営会社であるGMOペパボ株式会社の郵便番号・住所と電話番号を特商法ページに表示できる機能です。
詳しくはカラーミーショップのオンラインマニュアルをご参照ください。

非表示に出来るのは特商法ページでの郵便番号・住所などの所在地と電話番号です。
販売者名、運営統括責任者名は公開されます。
また、特商法ページ以外での非公開は許可されていませんので、商品発送の際の送り状や納品書・請求書にはショップ所在地か責任者の方の住所・電話番号の記載が必要です。

この非公開設定は、あくまでも消費者以外から個人情報を悪用されるトラブルを防ぐための機能です。
素性を隠して商売をするための機能ではありません。
ネットで商品を販売するには必ず購入者とのやりとりが必要となってきますので、購入者に安心してお買い物をしていただくためにも必要な情報という認識は持っておいてください。

非公開の対象は個人・個人事業主でフリープラン利用

この度リリースされた「特商法ページに表示する住所・電話番号の非公開設定機能」が利用可能なショップは、以下の利用条件に全て該当するショップのみです。

  • カラーミーショップ フリープランを利用中
  • 個人または個人事業主である
  • クレジットカードあるいは銀行振込による決済が利用可能になっている
  • 本人確認書類の提出・確認が完了している

法人、レギュラープラン、ラージプランは対象外

法人の会社やレギュラープラン、ラージプランの方は非公開設定はご利用いただけません。

対象外のショップはバーチャルオフィスを利用する方法もあります。

バーチャルオフィスNAWABARI|

本人が契約を行えば、店舗や事務所と同じようにバーチャルオフィスの住所と電話番号を表記できます。
バーチャルオフィスは郵便物受取や転送・電話用件転送なども利用する事が出来ます。

新規フリープランでの利用はタイムラグを確認

これからカラーミーショップでフリープランを契約される場合は、上記条件である決済方法の設定と、本人確認書類の提出・確認が完了するまでは住所と電話番号は自身の情報が表記されるようです。

参照 : カラーミーショップ 「特定商取引法に基づく表記」の住所や電話番号を非公開にできるようになりました

フリープランでの銀行振り込みは通常の銀行口座でのやりとりや、ゆうちょ振替は利用できません。
記載されている「銀行振込」はイプシロンのバーチャル口座、いわゆるエスクロー決済となりますので、クレジットカード決済同様、利用までに審査が必要となります。

ネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」

特定商取引法は信頼を築くページ

先にも書きましたが、「特定商取引法に基づく表記」はネット通販でお買い物をする際に購入者が知りたい情報を記載しているページです。
安心してお買い物していただくためにも、しっかりと作成してください。

項目がたくさんあるので大変ですが、カラーミーショップは特商法の定型文も用意されているので、自分のショップに合わせて変更すればすぐにページが作成されます。
商品の引き渡し時期や返品についての定型文はあくまでも目安ですので、無理のない設定でお客様を困惑させないようしっかり設定しましょう。

これまでminneSUZURIといったモールで販売をしていた方も、非公開設定のリリースでオリジナル店舗のハードルが低くなったのではないかと思います。
実際、カラーミーショップは低コストで導入できるわりに出来ることがたくさんあって自由にショップが制作できます。
高機能すぎて技術の勉強が必要な場合もありますが、有料はもちろん無料のテンプレートでもおしゃれなショップが制作できるのでおすすめのネットショップ作成サービスです。

ネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」
カラーミーショップと同じGMOペパボ株式会社運営のモールについても書いています
タイトルとURLをコピーしました