ネットショップ

スポンサーリンク
ネットショップ

楽天市場とAmazonどちらに出店すべき? 失敗しない楽天とアマゾンの売り方の違い

ネットショップモールで一二を争う楽天市場とアマゾンは商品の売り方やお店の方針によって全く売れ方が変わります。この記事では楽天市場とAmazonではどのような違いがあるのか紹介致します。現在どちらかに出店されていて2店舗目を検討している方にも有益な比較になると思います。
ネットショップ

ネット通販にサブスクを取り入れる「MOSH(モッシュ)」を使ったクロスセル戦略

サブスクリプションと定期購入の違いはご存知ですか?定期販売や頒布会よりもさらに顧客単価の向上を狙えるネット通販のサブスク導入について紹介しています。無料で導入でくる予約サイト作成サービスMOSH(モッシュ)を活用すると決済方法や導入ページの作成が簡単に行える、サブスク運営未経験者におすすめの内容です。
ネットショップ

AIが文章を自動作成「Catchy」キャッチコピーだけかと思ったら企画アイデアや社歌まで作れる最強ツールだった

キーワードを入れるだけでキャッチコピーやテキストをAI(人工知能)が自動作成してくれる今話題のツール、Catchy(キャッチー)を使ってみました。100以上ある生成ツールの中には、YouTubeの企画を作ってくれるものや、LINEの気の利いた返信など、個人でのSNS利用にも使えるユニークなアイデアがいっぱい。
スポンサーリンク
ネットショップ

Amazonセラーを辞めた理由、中国詐欺業者の横行 アマゾンはどう対応したのか

Amazonを含め、ECモールでは運営の対応により出店者が販売方法を見直さなければならない事があります。この記事では中国販売業者の逆越境ECの拡大によってアマゾン運営がどういった対応を取ったのか、現在のセラーは何を注意するべきか紹介しています。
ネットショップ

Amazonセラーを辞めた理由、FBA アマゾンフルフィルメントは10年でどう変わったのか

メルカリ販売などから次のステップとして、現在アマゾンで出品を考えている方も多いのではないでしょうか? この記事では私がAmazonセラーを辞めた理由と合わせて、2022年のAmazonがどういった状況なのか、現在のセラーは何を注意するべきか紹介しています。
ネットショップ

カラーミーショップのフリープランで「特定商取引法に基づく表記」の住所・電話番号が非公開可能に

ネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」から「特商法ページに表示する住所・電話番号の非公開設定機能」リリースのお知らせがありました。個人の方がネットショップ開業で躓く特定商取引法の個人情報の掲示、非表示にする条件などを詳しく紹介しています。
ネットショップ

ハンドメイドマーケット minne(ミンネ)で売るなら同業者を味方に!副業でもできる裏技のような販売方法

「minne」で検索をかけると、続く検索ワードが「売れない」や「ひどい」などが上がってくるんですが、実はminne特有の売りにくい環境を逆手に取って販売促進させる方法があるんです。Creema(クリーマ)やメルカリでも応用可能です。
ネットショップ

販売価格が決まっている型番商品はネット通販に不利? 大手に負けない売り方と利益率の上げ方

ネット通販といえば最安値を見つけてお得に買い物をするイメージがあります。販売業者にとっては価格競争がつきものの様にも思えますが、正直利益はしっかり取りたいですよね。この記事では値下げに頼らず同業他社と差別化して販売する方法を紹介しています。
ネットショップ

実店舗もネットショップも、STORES(ストアーズ)にお店のデジタル、まるっと。丸投げ4つのサービス

「商売繁盛!」のCMが印象的なストアーズって結局何が出来るの? 初心者でも使いやすい機能と電話での問い合わせサポート、小規模な個人事業でも始めやすい無料導入と低コストプラン。ネットショップ、予約システム、キャッシュレス決済、POSレジについて、導入のヒントに繋がるポイントをまとめて紹介しています。
ネットショップ

ネットでお店を開くなら「BASE (ベイス)」は何がスゴイのか、ショップを成功に導く3つのカギ

初期費用も月額料金も無料でネットショップが開設できるBASE(ベイス)について紹介しています。ショップオープンからすぐに使える決済手段「BASEかんたん決済」のメリットやデメリット、上手な使い方など、個人の副業から法人のしっかりとしたオンラインストアまで幅広く活用できるヒントを書いているので参考にしてみてください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました